SETOUCHI MINKA

【瀬戸内の名道】広島県の山岳ドライブルート。

「百名山」「百名勝」「百名瀑」…日本全国に多彩なジャンルの百傑が存在する中、「日本百名道」「日本の道100選」といった道のベスト100も存在することをご存じだろうか。瀬戸内の各県にも「名道」の称号にふさわしい珠玉の道が数多く走っている。広島県にも一度は訪れてみたい美しい名道がいくつも存在。今回は、緑深き山々や眼下に広がる雄大な景色を堪能しながらドライブを楽しめる広島県の絶景山岳ルート2路線を走ってみた。

この記事を書いたのは…
お洒落な平屋の外観

瀬戸内海沿岸の岡山・広島・山口・香川・愛媛・兵庫各県で家づくりを手掛ける腕利き工務店の情報に加え、瀬戸内の自然や気候風土、歴史、文化といった、瀬戸内で暮らす魅力を発信しています。さらに詳しく>

①さざなみスカイライン(広島県道248号 野呂山公園線)

弘法大師空海が入山修業したといわれ、古くから地元住民に霊山として崇められている野呂山へと向かう全長約10.5kmの山岳道路。かつては有料道路だったが1983年4月に無料化。「さざなみスカイライン」の愛称で、自然を感じながら瀬戸内海の美しい風景を眺められるドライブコースとして親しまれている。また「野呂山スカイライン」とも呼ばれている。

タイトなS字・ヘアピンカーブが連続する山道。春には桜のトンネルも。

路線の途中に視界が開ける場所がいくつかあり、穏やかな表情を見せる瀬戸内海の景色を望みながら走れる。
国道185号を走っていると「野呂山スカイライン」の看板が現れる。
国道から折れてしばらく住宅街を走った後、山登りのドライブウェーが始まる。道の傾斜が徐々にきつくなっていく。
山頂までくねくねと延びる道をいくつものカーブを越えながら、ひたすら上っていく。タイトなヘアピンカーブもあるので注意。
沿道には多くの木々が生い茂っており、眺望はあまり望めないが、桜の木が立ち並んでおり、春にはピンクの美しいトンネルの中を駆け抜ける幻想的な感覚を味わえる。

標高839mの山頂へ駆け上がる道は急こう配のワインディングロードが続く。ルート周辺は桜の名所としても有名で、春のシーズンには鮮やかな桃色のトンネルをくぐり抜ける絶景ドライブを楽しみに大勢の人々が訪れている。

安芸灘の多島美を一望する「鉢巻展望台」で一休み。

野呂山の中腹辺りにある「鉢巻展望台」からの眺め。眼下には島々が浮かぶ「安芸灘」の絶景ロケーションが広がる。本土と下蒲刈島を結ぶとびしま海道の「安芸灘大橋」もはっきり見える。
頂上付近には、宿泊施設の「野呂高原ロッジ」をはじめ、「野呂山キャンプ場」「筆づくり資料館」などの施設が整備されている。
野呂山頂はロータリーになっており、各施設へアクセスしやすいようになっている。

道沿いには木々が生い茂り、走行中の眺望はあまりよくないが、コースの中ほどにある「ハチマキ展望台」からは、とびしま海道の「安芸灘大橋」や、瀬戸内海の多島美を堪能できる。頂上付近には宿泊施設のほか、キャンプ場、「筆づくり資料館」などが整備されている。

さざなみスカイライン(広島県道248号 野呂山公園線)

【アクセス】広島呉道路(クレアライン)呉ICから国道185号経由で約15km
【所在地】広島県呉市川尻町野呂山 24時間通行可能 通行無料

【問い合わせ】0823-70-5338(野呂山ビジターセンター) https://www.hiroshima-kankou.com/spot/3758

②福山グリーンライン(広島県道251号 後山公園洗谷線)

広島県福山市の沼隈半島を走る「福山グリーンライン」は、古くから潮待ちの港として知られる鞆の浦を眼下に、瀬戸内の多島美を望む全長約14kmの観光道路。ルートは半島の東部にそびえる熊ケ峰など、標高300~400mの山々の尾根を縦走し、四季折々の自然に包まれた森林浴ドライブを満喫できる。

標高300~400mの尾根を貫く眺望抜群な快走路。

夕刻に訪れると美しい瀬戸内のサンセットを望むことができる。
展望が開けた場所も多く、瀬戸内海の多島美を眺めながらのドライブは気分爽快。交通量も少なく、ワインディングも比較的ゆるやかで快適走行を楽しめる。
沿線には駐車スペースが点在。西の方面には田島や横島をはじめ、瀬戸内の島々が浮かぶのどかな景色を一望できる。
見晴らし抜群の丘にある「後山公園」。360度の大パノラマが広がる展望台にはぜひ立ち寄りたい。
道中にある「福山ファミリーパーク」は入園無料。大型遊具や小さな動物園のある「アドベンチャーわんぱくランド」は子どもたちに人気。

沿線にある大小約10か所の広場・駐車場から絶景を楽しめるほか、大型の複合遊具を完備した「ファミリーパーク」、360度に広がる壮大な景色を見渡せる展望台を備えた「後山公園」などの見どころも豊富にあり、家族連れでゆったりと過ごすレジャースポットにも最適なコースだ。

後山公園についての詳細はこちら

福山ファミリーパークについての詳細はこちら

万葉の歌人たちも見惚れた「鞆の浦」の美しい風景を満喫。

道中の所々に設けられた停車スペースからは、趣ある「鞆の浦」の風景を眼下に見下ろせる。
「鞆の浦」の観光道路として1974年に開通。当初は有料道路だったが1980年に無料化された。
美しい朝日を拝めるスポットとしても有名。特に4月~6月にかけては「仙酔島」の背後から太陽が昇り、幻想的な光景をカメラに収めようと写真愛好家も多く訪れている。

この道は広島の人気観光地のひとつでもある「鞆の浦」へのアクセス道路としての役目も担っており、ルートの東側には「仙酔島」などが浮かぶ「鞆の浦」の町並みを一望できる。「福山グリーンライン」は瀬戸内海の多島美や沼隈半島の豊かな自然を体感できる絶好のドライブコースだ。23時から翌5時までは通行禁止なのでご注意を。

鞆の浦についての詳細はこちら

福山グリーンライン (広島県道251号 後山公園洗谷線)

【アクセス】山陽道福山東ICから国道182号、県道22号経由で約10km
【所在地】広島県福山市熊野町 5:00~23:00 通行無料

【問い合わせ】084-926-2649(福山観光コンベンション協会) https://www.fukuyama-kanko.com

広島県のおすすめシーサイド・ドライブルートはこちら

登ってみたい!広島の名山ガイドはこちら

瀬戸内の自然・文化・歴史・家づくりなど、地元情報が満載! 瀬戸内の新しいカルチャー&ハウジングマガジン!!

「SETOUCHI MINKA」の取材風景や本誌未掲載写真、メーキング動画などをInstagramで公開中!
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f646757ae2047b5e17da27ceb2017438-1024x230.jpg
トップページに戻る