資料請求

SETOUCHI MINKA featuring HIRAYA SETOUCHI MINKA featuring HIRAYA 香 川

SETOUCHI MINKA featuring HIRAYA 瀬戸内の民家、平屋。

香川県で平屋を建てたい人へ。

「瀬戸内の民家、平屋。」では、香川県の気候風土に合った平屋の注文住宅を叶え、

自分らしいライフスタイルを満喫している先輩たちの実例や、

平屋建築の腕に定評のあるおすすすめの地元工務店を紹介しています。

また、香川県の歴史的街並みリポートのほか、先人たちによる暮らしの知恵が反映され、

当時の暮らしぶりを垣間見ることができる現存古民家の紹介など、

香川ならでは住文化やカルチャーについて理解を深め、その魅力を再発見できるジャーナル記事も満載。
家づくりに妥協したくないあなたへ、香川の魅力を再発見してもらうとともに、

理想の平屋のイメージを具現化するためのアイデアを発信しています。

工務店の一覧ページでは、複数の工務店にワンクリックで無料で資料請求できる便利なフォームもご用意。

ぜひ活用してください。

SETOUCHI MINKA編集部がおすすめする 香川県で平屋を建てるメリット。

災害が少なく平野部が多い香川県は、平屋の家づくりに最適な環境。

四国地方の瀬戸内海沿岸は「中央構造線」という大きな活断層から外れていることに加えて平地のため、比較的地盤が安定している地域といえます。平屋を建てるにはある程度の広い敷地が必要になりますが、讃岐平野をはじめとする平野部の多い香川県では平屋を建てるのに必要な広さの土地も確保しやすいでしょう。また、瀬戸内地域は安定した地盤の上で地震災害なども少なく、非常に住み良い環境であるといえます。日当たりや通風といった周辺環境に恵まれた地域も香川県内にはたくさんあります。「家族のコミュニケーションがとりやすい」「家事が楽で機能的に生活できる」「開放感いっぱいの広々とした空間づくりが可能」「地震や台風に強い」「手入れしやすく老後も安心して暮らせる」「内と外がつながり、四季を愉しむ暮らしができる」など、平屋自体の魅力・メリットも多いので、香川県で家づくりを考えている方はぜひ、平屋を建てることも検討してみてはいかがでしょうか。 【SETOUCHI MINKA 編集部/長谷川 友里恵】

建築実例

香川で理想の平屋を叶えた先輩たちの建築実例を紹介します。日本古来の伝統工法の良さを生かしながら、現代的なデザイン・センス、気密・断熱性能を備えた実例の数々。風光明媚な香川の気候や自然に溶け込み、こだわりのつまった平屋が満載です。あなたにとって理想の平屋のイメージを思い描く参考にしてください。

すべての建築実例を見る

工務店一覧

香川で平屋を建てたいと考えているあなたへ、理想の家づくりをかなえてくれるおすすめの地元工務店をご紹介。香川県の気候風土を知り尽くし、平屋建築の豊富な知識と経験があるのはもちろん、理想や要望を引き出しカタチにできる高い”提案力”と、確実で丁寧な”施工力”、さらに、地元密着ならではの信頼できる”対応力”に定評のある地元工務店ばかりです。気になる工務店があれば、カンタン便利な無料一括資料請求をご活用ください。

すべての香川県の工務店一覧を見る

イベント&見学会情報

気になる見学会やイベントにさっそく参加してみましょう。家づくりの検討段階では、リアルサイズでイメージしやすい完成邸をはじめ、住んで何年か経ったOB邸など、できるだけ建物を見学するのがおすすめ。デザインや間取り、室内に漂う空気感や室間温度差の有無など、実際に体感してみることが大切です。

近日開催予定のイベント情報です。詳細は各イベントをクリックしてご確認ください。

  • 現在掲載されているイベント情報はありません。
すべてのイベント&見学会情報を見る

こんなことでお困りはありませんか?

平屋は狭くて生活しにくいイメージがあります。

平屋は2階との関係で場所を取る必要がないので、その分設計の自由度が増します。そのため各部屋のつながりが良くなり、家事動線が短く機能的な間取りが可能です。また、平屋は2階がない分天井高を2.4~3mぐらいの高さにして開放感をアップすることも可能。その空間を利用して天井に高低差を付けたり、床に小上がりを設けるなどすれば、変化のある室内を演出することもできます。

平屋がなぜ地震や台風などに強いのか分かりません。

平屋は2~3階建てなどの住宅に比べて地震に強く、建物の高さも低いので台風時の風圧による揺れも少ないです。また、建築基準法の約1.5倍の強さがある耐震等級3を取得するために必要な耐力壁も少なくて済むというメリットもあります。さらに、平屋は上部の荷重が屋根だけなので構造への負担が少なく、LDKなどの部屋を広く取ることも可能。大きな開口部の窓も設けやすく、明るく風通しの良い住まいを実現できます。

平屋のデメリットも知っておきたいのですが。

平屋はある程度の広い敷地が必要になるので狭小地では建築が難しいです。日当たりや通風などの周辺環境も考慮しながら土地を探す必要があります。また、平屋は総二階建てに比べ、基礎と屋根の面積が多くなるので工事費が若干高くなります。屋根が大きくなるということは夏の直射日光を受けて熱くなる面積が増えることになり、しっかりと天井や屋根面を断熱しておかないと暑い家になりやすいです。さらに、河川のはんらんなどが発生した際に2階へ避難することができないので、土地を購入する前にはその地域のハザードマップをよく確認しておく必要があります。

香川県の基本データ
■ 面積 / 1,877 km² ■ 県庁所在地 /高松市 ■ 人口 / 945,129人(令和2 年国勢調査)
香川県の特徴
香川県は、面積が日本で一番小さいながら、瀬戸内の温暖な気候で天災も少なく、移住先として多くの人々に選ばれている。地理的には対岸の岡山県と瀬戸大橋で結ばれているのでアクセスも良好。名物の讃岐うどんのほかにも、オリーブ牛やオリーブハマチ、さぬき讃フルーツなど、美味しい食材も豊富。近年では瀬戸内の島々などを舞台にした「瀬戸内国際芸術祭」の開催などによって、現代アートの聖地としても人気を集めており、国内はもちろん海外からも大勢の観光客が訪れている。

瀬戸内 民家ジャーナルSETOUCHI MINKA JOURNAL

すべてのジャーナルを見る


Book Introduction

  • 好評発売中!『瀬戸内の民家、平屋。』
    2020年10月18日発売 価格2,200円(税込)
    瀬戸内で平屋を建てたいと考える人たちに向け、理想のマイホームをかなえてくれる住宅会社などの多彩な情報を、美しい写真と読み応えのある文章とともに紹介。また、私たちのふるさとである瀬戸内の気候風土に合った住まいとはどんなものなのか、先人から脈々と受け継がれる文化や歴史に関する記事も満載。「瀬戸内と平屋...
    本の詳細はこちら

「瀬戸内の民家、平屋」は、
下記のサイトからも購入いただけます。