SETOUCHI MINKA

風光明媚な景色を愛でる!香川県・小豆島ひとり旅(前編)

GO! GO! SETOMIN GIRLS! Short trip by the Sea.

本誌内コーナー「空とこの海、出逢う場所へ。」をWEBバージョンとしてパワーアップさせたレポート記事。今回は香川県の小豆島をドライブするショートトリップの様子を、前後編に分けてお届け。パワースポット「小瀬の重ね岩」をスタートし、「迷路のまち」をゴールに目指すドライブルート。小豆島を満喫できる、心安らぐ日帰りルート。今回は、「エモい」インスタントカメラで撮影したかのような風合いを楽しんでもらえたら幸いだ。これを読んだら、きっとあなたも出掛けたくなるはず。


PHOTO_池田知英
MODEL_多田有輝子

この記事を書いたのは…
お洒落な平屋の外観

瀬戸内海沿岸の岡山・広島・山口・香川・愛媛・兵庫各県で家づくりを手掛ける腕利き工務店の情報に加え、瀬戸内の自然や気候風土、歴史、文化といった、瀬戸内で暮らす魅力を発信しています。さらに詳しく>

天使が舞い降りる、ロマンチック・アイランド。

①小瀬の重ね岩

小豆島までは高松港からフェリーで約1時間。デッキに出て潮風を浴びながら瀬戸内海の多島美を楽しんで。
庄港から南西にある小瀬地区は、かつて大阪城築城のための石が切り出された場所。
長い階段と急坂の細道を登り切った先に、落ちそうで落ちない不思議な巨岩が鎮座している。
小豆島のパワースポットとしても知られ、景色も格別。

「天気も良くて海風が気持ちいいですね~」
「本当に不思議なバランスです!」
重ね岩のある小瀬石鎚神社からの絶景だけでも一見の価値あり。
「長い! 高い! でも景色は最高ですね!」

小瀬の重ね岩

小豆島西端の小瀬石鑓神社のご神体として祭られている。
ふもとから約20分の急な階段を上れば、崖から落ちそうで落ちない絶妙なバランスの巨岩に出会える。

住所:香川県小豆郡土庄町小瀬
TEL:0879-62-7004(土庄町商工観光課)
URL:https://www.town.tonosho.kagawa.jp/kanko

②エンジェルロード

界各国から集めた400種3,500小豆島の定番観光スポット「エンジェルロード」。
潮の満ち引きによって現れる道は好きな人と歩きたい。
出現時間は事前に確認を。

「ひんやり~」
「エモい」写真が撮影できることで、人気が再熱しているのだとか。
「普段通れない道を歩けるのって、わくわくしますよね」

エンジェルロード

1日2回の干潮時に現れる砂の道。
大切な人と手をつないで渡ると、砂州の真ん中で天使が舞い降り、
願いを叶えてくれるといわれている、恋人たちに人気の場所。

住所:香川県小豆郡土庄町銀波浦
TEL:0879-62-7004(土庄町商工観光課)
URL:https://www.town.tonosho.kagawa.jp/kanko

オリーブが風に揺れる風光明媚なロケーション。

③道の駅 小豆島オリーブ公園

戸内海を見下ろす小高い丘に広がる「オリーブ公園」。
約2,000本のオリーブの木や130種類以上のハーブが栽培され、地中海のようなムード。
オリーブ色のレトロなポストをはじめ、写真映えするスポットも豊富。
風車前でのジャンプ・ショットは鉄板。

実写版「魔女の宅急便」の映画撮影で使用されたセットは雑貨店として営業中。
作品の世界観を味わえる。

 
「じゃーんぷ!」 
「絵本の中からこんにちは♪」 

道の駅 小豆島オリーブ公園

約2,000本のオリーブ畑に囲まれた道の駅。
小高い丘にある白いギリシャ風車や、映画「魔女の宅急便」のロケセットなど、写真映えスポットがいっぱい。

住所:香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1
時間:8:30~17:00
定休日:年中無休(サン・オリーブは水曜日・年末)
TEL:0879-82-2200
URL:https://www.olive-pk.jp

④マルキン醤油記念館

豆島のしょうゆ造りの歴史や技術を体感できる「マルキン醤油記念館」では、古くから使われていた貴重な道具などを多数展示。
初搾り生じょうゆを使ったオリジナルの「しょうゆソフトクリーム」はクセになる美味しさ。

 
「これはクセになりますね!」
「歴史を感じます…!」

マルキン醤油記念館

しょうゆ造りの歴史や製造方法を昔の道具やパネルで紹介。
天然醸造蔵で仕込んだ初搾り生じょうゆを使ったソフトクリームが人気。

住所:香川県小豆郡小豆島町苗羽甲1850
料金:入館料:一般¥210、小中学生¥100
時間:9:00~16:00 (7/20~8/31、10/16~11/30は16:30)
定休日:10/15、12/28~1/1、その他不定休館あり
TEL:0879-82-0047
URL:http://moritakk.com/know_enjoy/shoyukan

昔日のノスタルジーに浸った後は、天空のランチで至福の時間を。

⑤小豆島 二十四の瞳映画村

昔懐かしい木造校舎や町並みなどが再現され、昭和初期のノスタルジックな雰囲気に包まれた「二十四の瞳映画村」。
教室の小さな椅子に座れば幼少時代にタイムスリップ。

「海もきれいで、気持ちいいです!」
「はあい、授業を始めますよ~」」
川も流れる、村の再現度。
夏に満開になるひまわり畑は圧巻。

小豆島 二十四の瞳映画村

映画「二十四の瞳」のロケセットを改築したテーマパーク。
昭和初期の木造校舎や村が再現されている。
フォトジェニックスポットとして若者にも人気。

住所:香川県小豆郡小豆島町田浦931
時間:9:00~17:00
料金:中学生以上¥880、小学生¥440(映画村・岬の分教場セット券)
TEL:0879-82-2455
URL:https://www.24hitomi.or.jp

↓小豆島ショートトリップの前編ドライブルートはこちら↓

後編は、寒露渓の展望台からスタート。風光明媚な風景に癒やされながら心を洗う旅。
次のお休みは、小豆島をドライブなんていかがだろう?

香川県の小豆島を巡る を巡るショートトリップ の後編はコチラから!

SETOMIN GIRLSのフォトジェニックな女子旅リポートは本誌でチェック!

取材風景や本誌未掲載写真、メイキング動画などをInstagramで大公開中!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f646757ae2047b5e17da27ceb2017438-1024x230.jpg



トップページに戻る