SETOUCHI MINKA

“瀬戸内のハワイ”を満喫!山口県・周防大島ひとり旅(前編) 

GO! GO! SETOMIN GIRLS! Short trip by the Sea.

本誌内コーナー「空とこの海、出逢う場所へ。」をWEBバージョンとしてパワーアップさせたレポート記事。今回は山口県の周防大島をドライブするショートトリップの様子を、前後編に分けてお届け。”瀬戸内のハワイ”を象徴する施設「グリーンステイ ながうら」をスタートし、「夕日の丘展望台」をゴールに目指すドライブルート。周防大島を満喫できる、リゾート気分満点の日帰りルート。これを読んだら、きっとあなたも出掛けたくなるはず。


PHOTO_鈴木トヲル
MODEL_伊藤千華

この記事を書いたのは…
お洒落な平屋の外観

瀬戸内海沿岸の岡山・広島・山口・香川・愛媛・兵庫各県で家づくりを手掛ける腕利き工務店の情報に加え、瀬戸内の自然や気候風土、歴史、文化といった、瀬戸内で暮らす魅力を発信しています。さらに詳しく>

アロハな気分で楽しめる瀬戸内のハワイアン・リゾート。

①グリーンステイながうら

屋代島は本土の柳井市と大島大橋で陸続き。
車でスムーズに渡れる。
屋代島と姉妹島のハワイ州カウアイ島の市庁舎をモチーフにした建物や、ヤシの木が立ち並ぶ広大な園内はハワイムード満点。
この日は毎年夏の恒例イベント「サタデーフラ」が開催され、大勢の人でにぎわっていた。

ハワイ州カウアイ島の市庁舎をモチーフにした ビジターセンター。
「周防大島上陸です♪」
「置物もハワイっぽい!」

グリーンステイながうら

「瀬戸内のハワイ」を掲げる屋代島のシンボル的施設。
人々の交流を深めるビジターセンターのほか、宿泊棟やレストランなどを完備。

住所:山口県大島郡周防大島町椋野1144-1
TEL:0820-79-0021
URL:http://greenstay-nagaura.com

②アロハオレンジ

本場ハワイ仕込みのシェフが腕を振るう本格的ハワイアン料理の店「アロハオレンジ」で腹ごしらえ。
看板メニューの「ギャング丼」は、レアステーキに甘めの特製ソースとキャベツを合わせた逸品で大満足の食べ応え。
モチモチの食感と甘いソースが絶品のハワイアンパンケーキもオススメ。

ランチにお邪魔した、「アロハオレンジ」。
大迫力のギャング丼!
ALOHA!
「ぜひご賞味あれ」

エンジェルロード

ステーキやハンバーガー、パンケーキなどの本格ハワイ料理を提供。
レアステーキをハイビスカスのように盛り付けた名物「ギャング丼」はぜひ食したい。

住所:山口県大島郡周防大島町久賀7270
TEL:0820-72-2860
時間:11:00~15:00(最終受付)※早めに閉店する場合あり
定休日:木曜日
URL:http://alohaorange.com

ダイナミック&ロマンチックな自然に感動。

③嵩山山頂展望台

地元では大島富士とも称される嵩山山頂からの景色は感動もの。
「TAKE OFF」の文字が描かれたパラグライダーのランチャー台も絵になる(中への立ち入りは禁止)。
山頂までの道は車1台が通るのがやっとの広さなので、運転には細心の注意が必要。

TAKE OFF !!
「すごい眺めですね…」 
絵画のような眺望に、暫し見惚れる。 

嵩山山頂展望台

「大島富士」とも呼ばれる嵩山。
山頂には展望台のほか、ハングライダー・パラグライダーのランチャー台があり、スカイスポーツのメッカとしても有名。

住所:山口県大島郡周防大島町東安下庄
駐車場:無料
TEL:0820-72-2134(周防大島観光協会)
URL:http://www.suo-oshima-kanko.net

④道の駅 サザンセトとうわ

に面した道の駅「サザンセトとうわ」。ティキ像もあって南国リゾート感でいっぱい。
地元特産の早生ミカンを使った限定ソフトクリームも絶品。
道の駅からすぐそばの沖合に浮かぶ無人島の真宮島は、干潮時刻の前後3時間だけ現れる砂浜を歩いて渡る。
幻想的なパワースポットとしても人気。

「天気も良くて、海辺が気持ちいいですね」
 
「木陰でちょっとひと休み…」

道の駅 サザンセトとうわ

地元特産品を豊富に取りそろえるロードステーション。
建物裏手に浮かぶ間宮島も名物スポット。
干潮時には砂浜が現れ、歩いて渡れる。

住所:山口県大島郡周防大島町西方1958-77
時間:10:00~18:00(レストラン:ランチ11:00~15:00、カフェ:14:00~17:00)
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は翌日)

TEL:0820-78-0033

URL:https://sazan-seto.com

空間の端々から島の歴史や息遣いが感じられる場所。

⑤なぎさパーク

小ぢんまりとした「なぎさ水族館」では、ヒトデやナマコ、ヤドカリ、タコと触れ合える。
943年に屋代島の沖合で謎の爆発を起こして沈没した日本海軍の戦艦「陸奥」の記念館もある。
屋外には海底から引き揚げられた艦首・副砲・スクリューを展示。
「陸奥キャンプ場」には退役した海上自衛隊機が鎮座している。

「なぎさ水族館っ!!」
「多々羅大橋、立派ですね~」
「こんなに間近で飛行艇を見学できる機会はそうそうないですよね」
 

なぎさパーク

パーク内には、海の生物に触れられる水族館をはじめ、
周防大島沖で沈没した戦艦陸奥の記念館、釣りやマリンスポーツも楽しめるキャンプ場がある。
※展示されていた飛行艇は2021年11月に解体され、現在は展示はされていない。

住所:山口県大島郡周防大島町伊保田2211-3
時間:9:00~16:30 

入館料:一般¥590、小・中学生¥260(なぎさ水族館・陸奥記念館共通入場券)、小学生未満無料、駐車料金別途要
定休日:なぎさ水族館:12/30~1/2、陸奥記念館・陸奥キャンプ場:年中無休
TEL:0820-75-1571

URL:https://nagisapark.jimdofree.com

↓周防大島ショートトリップの前編ドライブルート↓

後編は、爽やかな潮風香る、「和佐海岸」からスタート。思わず「アロハ!」と言いたくなるリゾート気分の旅。
次のお休みは、周防大島でドライブなんていかがだろう?

山口県の周防大島を巡る を巡るショートトリップ の後編はコチラから!

SETOMIN GIRLSのフォトジェニックな女子旅リポートは本誌でチェック!

取材風景や本誌未掲載写真、メイキング動画などをInstagramで大公開中!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f646757ae2047b5e17da27ceb2017438-1024x230.jpg



トップページに戻る