SETOUCHI MINKA

【瀬戸内の名道】香川県のシーサイド・ドライブルート。

「百名山」「百名勝」「百名瀑」…日本全国に多彩なジャンルの百傑が存在する中、「日本百名道」「日本の道100選」といった道のベスト100も存在することをご存じだろうか。瀬戸内の各県にも「名道」の称号にふさわしい珠玉の道が数多く走っている。香川県にも一度は訪れてみたい美しい名道がいくつも存在。今回は、風光明媚な瀬戸内海の風景を間近に楽しめる香川県の絶景シーサイド・ルート2路線を走ってみた。

<取材・写真・文/鎌田 剛史>

この記事を書いたのは…
瀬戸内民家シリーズの雑誌表紙

瀬戸内海沿岸の岡山・広島・山口・香川・愛媛・兵庫各県で家づくりを手掛ける腕利き工務店の情報に加え、瀬戸内の自然や気候風土、歴史、文化といった、瀬戸内で暮らす魅力を発信しています。さらに詳しく>

①丸亀詫間豊浜線・紫雲出山線(香川県道21号・234号)

ツノのような形で瀬戸内海に突き出している香川県西部の庄内半島には、米国ニューヨーク・タイムズ誌に「瀬戸内の顔」として掲載された「紫雲出山」や、日本のウユニ塩湖とも称される「父母ヶ浜」をはじめとするフォトジェニック・スポットが多数存在。近年は国内外から大勢の人々が訪れる人気観光名所になっている。この半島の西側を走っている県道21・234号は、ゆるやかなワインディングが続く海沿いの道で、潮の香りを感じながらのドライブには最適なルートだ。

海・島・空・花が美しい半島をぐるり周回。~香川県道234号~

香川県北西部にある庄内半島をぐるりと周回する県道。燧灘(ひうちなだ)の美しいオーシャンビューを楽しみながら気持ちの良いドライブを楽しめる。
のどかな瀬戸内海沿いの農村・漁村風景。沿道に広がるみかん畑や季節の花々が出迎えてくれる。
庄内半島には浦島太郎にまつわる地名やスポットが点在している。「浦島神社」のある丸山島へは引き潮の時だけ歩いて渡ることができる。
半島のあちこちには美しいビーチも。潮風を浴びながら寄せては返す
穏やかな波を見つめているだけで心穏やかになる。

眼前にはキラキラと輝く燧灘(ひうちなだ)が広がる絶景が続く。沿道に咲く四季折々の花も美しい。道中にある港町の小さな集落や、たわわに実ったみかん畑など、瀬戸内らしい風景にも心癒やされる。庄内半島の北側には、一面に広がる花畑と瀬戸内海の景色が美しいコントラストを織りなす「フラワーパーク浦島」があり、四季を通じてさまざまな花が咲き誇る。

“瀬戸内の顔”として世界中に発信された紫雲出山で絶景を堪能。

荘内半島の中では最も高い紫雲出山(しうでやま)。標高は352mで、県内有数の桜の名所としても有名。
県道沿いに山頂付近の駐車場へ上がる車道がある。
山頂からは瀬戸内海の素晴らしい景色を堪能できる。山頂付近には展望台や散策路が整備されているほか、出土品を展示する遺跡館もある。
庄内半島の海沿いにある集落のほか、三豊市詫間の市街地なども見下ろせる。

庄内半島の定番スポットとなっている紫雲出山(しうでやま)。この山名は庄内半島に根付く浦島太郎伝説に由来するといわれ、竜宮城から帰ってきた浦島太郎が玉手箱を開けた際に出てきた白い煙が、紫の雲となってたなびいたことから紫雲出山と名付けられたのだとか。山頂付近の駐車場から遊歩道を上り展望台に着くと、瀬戸内海の大パノラマがお出迎え。備讃瀬戸のたくさんの島々はもちろん、対岸の中国地方まで一気に見渡せる。

紫雲出山について詳しくはこちら

豊かな自然が生み出す絶景スポットがいっぱい。~香川県道21号~

SNSで全国的にも有名になった高屋神社の「天空の鳥居」にも足を延ばしたい。神社までの車道はあるが、現在は一部崩落のため通行止めになっている。
全国屈指のフォトジェニック・スポットとして今やすっかりおなじみの「父母ヶ浜」。休日には県内外から大勢の人たちが訪れる定番観光スポット。
「父母ヶ浜」に訪れる人たちのお目当てがこの「天空の鏡」。お目をかかれるのは干潮時の夕方。晴れていて風がない状態であればきれいに撮影できる。

南米ボリビアの「ウユニ塩湖」のような、水鏡のフォトジェニックな写真が撮れると話題の「父母ヶ浜」は、ぜひとも訪れたいスポット。夕焼けの茜色の空が水面に映り、ビーチ一帯がオレンジ色に染まる光景は「瀬戸内の天空鏡」とも呼ばれ、その美しさは誰もが感嘆する絶景だ。また「父母ヶ浜」と並び、映えるスポットとして人気を集めているのが、半島南部にある観音寺市の稲積山山頂に佇む「高屋神社」。麓の下宮から山頂の本宮まで延びる長い階段を上り切った所に立つ「天空の鳥居」から眼下を望む景色は一見の価値あり。山頂の本宮まではシャトルバスが運行されているほか、車で上がることも可能だが、現在は大雨の影響による落石により通行できないため、徒歩でのみ訪れることができる。

高屋神社について詳しくはこちら

父母ヶ浜について詳しくはこちら

丸亀詫間豊浜線・紫雲出山線(香川県道21号・234号)

【アクセス】高松道三豊鳥坂ICから県道220・23・232号経由で約20km
【所在地】香川県三豊市詫間町など 24時間通行可能 通行無料

【問い合わせ】0875-56-5880(三豊市観光交流局) https://www.mitoyo-kanko.com

②高松王越坂出線(香川県道16号)

香川県高松市と坂出市にまたがる五色台の麓を走る海岸線道路。決してメジャーではないが、風光明媚な備讃瀬戸を間近に望める、知る人ぞ知る絶景ドライブルートだ。

備讃瀬戸の穏やかな景色を望む爽快ワインディング・ロード。

五色台を周回する海沿いの県道。五色台トンネルのある「さぬき浜街道」が完成するまでは高松と坂出を結ぶ基幹路線のひとつだった。
道沿いから対岸の岡山県を間近に望む。すっきりと晴れている日には海上に延びる瀬戸大橋の姿もくっきりと見える。
瀬戸内海国立公園内を走る、隠れ絶景ロード。五色台の北端となる「大崎ノ鼻」は、瀬戸内海の美しい景色を拝める休憩スポット。休日には多くのドライバーやバイカー、サイクリストたちでにぎわっている。
「大崎ノ鼻」から見えるおむすび型の2つの無人島が「大槌・小槌」。本州と四国が最も接近したこの海域は「槌ノ戸瀬戸」とも呼ばれ、古くから好漁場としても知られている。

路線は海岸線に沿って延びるワインディングロード。高松市と坂出市の境にある「大崎ノ鼻」からは、ピラミッド型の2つの無人島の大槌・小槌をはじめ、備讃瀬戸の美しい景色を堪能できる。

香川でも指折りの夕日スポット「大屋富海岸」「相模坊」。

夕暮れ時に大屋富海岸付近から望む備讃瀬戸の風景。空一面が鮮やかなオレンジに染まり、太陽が瀬戸大橋越しに沈んでいく幻想的な光景に、駐車帯に車を停めてしばらく見入ってしまう。
相模坊からの景色。番の州工業地帯も見える。ここから少し手前に大屋富海岸がある。
「さがみぼう」が正式呼称だが、地元での呼び名は「さがんぼう」。日本八大天狗の一つに数えられ、「雨月物語」などの古典に登場する相模坊天狗を祀る社がある。

「大屋冨(おおやぶ)海岸」「相模坊(さがみぼう)」付近から眺める夕日は格別。沈む太陽をバックに瀬戸大橋のシルエットが浮かび、休日の夕暮れ時になると、沿道には車を停めて夕焼けを見つめるカップルや親子連れ、カメラを携えた写真愛好家らがずらりと並ぶ。

高松王越坂出線(香川県道16号)

【アクセス】高松道高松西ICから県道176・16号経由で約15km

【所在地】香川県高松市亀水町、坂出市王越町など 24時間通行可能 通行無料 
0877-45-1122(坂出市観光案内所) https://www.sakaide-kankou.net

【番外編】鳴門スカイライン(徳島県道183号 亀浦港櫛木線)

香川県の東端・東かがわ市のお隣、徳島県鳴門市の「鳴門スカイライン」もドライブに最適なルート。同市の「鳴門公園」から、大毛島、島田島の山間部を縫って走る全長約8kmのドライブウェイ。

アップダウン、ヘアピン、ストレートが交互に現れる、走りごたえ満点の快走路。

鳴門スカイラインは全線にわたって展望は概ね開けているとはいえないが、この路線のハイライトとも言える「四方見橋」からの壮大な景色を見るだけでもここを訪れる価値あり。
小鳴門新橋が架かる「小鳴門海峡」。
大毛島と島田島の間を流れる「堀越海峡」。海峡幅が狭いため発生する激しい潮流は「ウチノ海の蛇口」とも呼ばれている。

路線は、渦潮で知られる鳴門海峡にも匹敵する急流の堀越海峡と、真っ赤な橋とのコントラストが美しい小鳴門海峡を横断。カキの筏が浮かぶ風光明媚なウチノ海や、道中に架かる橋からの眺めなど、変化に富んだ絶景に出会える。

ドライブウェイのハイライトは、瀬戸内の絶景を拝める「四方見展望台」。

「四方見橋」から南への展望。ウチノ海に浮かぶカキ筏と風光明媚な海岸線、東には大鳴門橋も望めるダイナミックなロケーションが一気に開ける。四方見橋を上り切ったピークには駐車場や休憩所、カフェがあり、車を停めて瀬戸内らしい絶景をじっくりと堪能できる。
「ウチノ海」は、四国本土と大毛島、島田島の3つの陸地に取り囲まれた内海。渦潮で有名な荒々しい鳴門海峡とは違い、穏やかな表情を見せている。
鳴門名物「鳴ちゅるうどん」。うどん県・香川の讃岐うどんとは様相が異なり、麺は柔らかめながら旨味の深い小金色のダシが特長。近隣には多くのうどん店があるので、ドライブついでにぜひ立ち寄りたい。

この道のハイライトともいえる「四方見橋」からの展望は格別で、穏やかなウチノ海から大鳴門橋までを一気に見渡せるダイナミックな展望が開けている。ドライブの腹ごしらえは、隣りの香川県の讃岐うどんとは様相が異なる地元名物の「鳴ちゅるうどん」を味わいたい。

鳴門スカイライン(徳島県道183号 亀浦港櫛木線)

【アクセス】神戸淡路鳴門道鳴門北ICから県道11号経由で約3km
【所在地】徳島県鳴門市鳴門町 24時間通行可能 通行無料
088-684-1157(鳴門市観光振興課) http://www.city.naruto.tokushima.jp

香川県のおすすめ山岳ドライブルートはこちら

瀬戸内の自然・文化・歴史・家づくりなど、地元情報が満載! 瀬戸内の新しいカルチャー&ハウジングマガジン!!

「SETOUCHI MINKA」の取材風景や本誌未掲載写真、メーキング動画などをInstagramで公開中!
トップページに戻る