SETOUCHI MINKA

瀬戸内の酒と相性バッチリ!岡山県の郷土料理【ばらずし】【ままかり】

うまい食事には、うまい酒が欲しくなる。多様な食文化を形成している瀬戸内を、ほろ酔い気分で満喫するこのコーナー。そのままでも十分に美味な郷土料理だが、酒の肴としても楽しめるとっておきの瀬戸内郷土料理10選を紹介する。

今回は、岡山県の郷土料理をフューチャー。ぜひ、うまい酒を片手に読んでみてほしい。

この記事を書いたのは…
お洒落な平屋の外観

瀬戸内海沿岸の岡山・広島・山口・香川・愛媛・兵庫各県で家づくりを手掛ける腕利き工務店の情報に加え、瀬戸内の自然や気候風土、歴史、文化といった、瀬戸内で暮らす魅力を発信しています。さらに詳しく>

ばらずし

祝いや祭りの席には欠かせない、色鮮やかなソウルフード。

 酢漬けにしたサワラや、ままかり、黄ニラ、エビ、アナゴ、シイタケ、錦糸卵に高野豆腐など、様々な具材を酢飯の上に盛り付けたものが「ばらずし」だ。名称は「備前ばらずし」、「隠しずし」、「祭りずし」など、バリエーションがある(ちなみに筆者宅では「ばら」と呼ぶ)。

 ばらずしの起源は江戸時代に遡る。江戸初期の名三君としても知られる藩主、池田光正公の倹約令が契機となって生み出された郷土料理だ。この倹約令の中に、食事は「一汁一菜」に規定するものもあった。そこで、お櫃の底に色とりどりの具材を敷き詰めてその上に酢飯を盛り、ゴマやノリを散らすことで質素なすしを演出。お櫃をひっくり返すと、カラフルで豪勢なばらずしが完成するという仕組み。「何としても豪勢なすしを食べたい」という、岡山県民の食への飽くなき執着心や反骨精神が反映された、非常におもしろい郷土料理。

 豊富な具材と酢飯を味わうには、それらを引き立ててくれる辛口の日本酒で味わいたい。

「ばらずし」

ままかり

飯だけでなく、酒も借りちゃう…!?

「ままかり」

 岡山県をはじめ、西日本ではなじみ深い「ままかり」だが、実は「サッパ」という名前の魚。「サッパ」は漁村での小舟を指す言葉であったり、ササの葉に似ている魚という意味であったりと、語源は諸説ある。

 漢字で「飯借」と書き、「飯(まんま、まま)」を「借りる」魚という意味になる。これは、ままかりが「自宅の飯だけでなく、隣家から飯を借りて食べてしまうほど止まらない」というエピソードに由来する。

 一般的にままかりは、薄切りにしたタマネギやニンジン、トウガラシなどと一緒に酢漬けにして食べる。小骨が多い魚であるままかりであるが、じっくりと酢に漬けておくことで小骨ごと食べられるようになる。しっかりとした身の食感と、サクリ、という小骨のアクセントが楽しい。ご飯のお供として食べると、本当にあっという間に茶碗が空になるので驚きだ。

 シャンパンや白ワイン、辛口の日本酒と合わせると酢の酸味と相まって、さっぱり爽やかな味わいが楽しめる。健康的な晩酌を実現する、ヘルシーな郷土料理と言えるだろう。

淡麗から濃醇まで味は多彩。「岡山県の酒蔵・銘酒名鑑」はこちら

瀬戸内の自然・文化・歴史・家づくりなど、地元情報が満載! 瀬戸内の新しいカルチャー&ハウジングマガジン!!

取材風景や本誌未掲載写真、メイキング動画などをInstagramで大公開中!

トップページに戻る